LEICA

ライカが7/19に逝かれた。
出張で残念ながら看取れず。
短めの一生だったがよく頑張った。


f0130601_20484421.jpg

ライカが家に来たのは2007年。
隣の古墳にドンタコスの段ボールに入れられて猫飯とともに放置され
カラスの群れに襲われそうになっているところでオレ達を呼び寄せて生還。
うちとしては初めての三頭飼いになる勇気がなく里親を探していた。
が、中国出張から帰るとすっかり落ち着いていて、上の写真の顔でお迎え。
我が家の一員になった。

とても素直なやつでいろんな感情がダダ漏れ。
小梅にちょっかいかける計画を立てて実行に移して反撃を食らうスクリーン
セーバーがすべてを物語ってたなあ。

外で生活したことがないやつで、一度外に脱走したことがあったのだが、
これは捕まるかなあ・・・と不安を感じたが、とりあえずやってみようと
追っかけてみると意外にも家の周りの犬走しか行かず・・・。
かみさんと両側から挟み撃ちにしてあっさり捕まったのは笑えた。

あとはしっこテロだな。麦と覇権争いでもしてたのか、なかなか大変。
ここ数年はすっかり収まって、腎臓悪くなったのと同時期ぐらいかな・・・。
悪さをして何度もかみさんに無視されていたが、その度にオレに仲裁を
お願いしてくるのが可愛かった。
抱っこされるのは嫌いなのだが人懐こいやつでいつもそばにいた感じ。
まあ、恥ずかしいのは50代以上の女性に異常に興味があり、こちらが
恥ずかしくなるほどメロメロというかエロおやじぽくなっていた。

そんな癒しキャラと別に大きな功績があった。
レンとの出会いで、すっかり兄貴キャラになったのだが、
セリにはうざい兄貴、モクとフーガには親みたいに思われてたみたい。
世話焼きでみんなに愛されてうちの中心選手だった。

11歳か、小梅さんより一年長く生きたか。
愛する小梅のもとにちゃんと行けたかな。


f0130601_21355457.jpg
舎弟のいる猫なんて聞いたことないな。
偉いやつ。
楽しく過ごせたかね~。

あ、オレの目にパンチ食らわせたのは忘れんぞw。


[PR]

by oisanM | 2018-07-19 20:46 | 犬猫 | Trackback | Comments(4)  

トラックバックURL : https://oisanm.exblog.jp/tb/29950493
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by シンコー at 2018-07-24 06:09 x
雷坊は11歳でしたか。
(姐さんは10歳で逝かれたんですね。)
お二方とも、もう少し長生きして欲しかったです。
雷坊は少々頼りなさげに思っておりましたが、
他のニャンズには絶大な信頼があったんですね。
ご冥福をお祈り申し上げます。
Commented by oisanM at 2018-07-24 18:16
シンコーさん、どうも。
腎臓小さくて傷んでるのが何年か前にわかってたのですが、よく頑張りました。
最後はかみさんに挨拶していったそうでちゃんと看取れてよかったです。
確かに頼りなげでしたが、みんなに愛されてましたね。
世話焼きないいやつでした。
Commented by kaotti-1 at 2018-07-29 03:56
こんばんは。
寂しいですねぇ。
雷坊にはいつも癒されて元気をもらっていました。
まだ11歳だったんですね。
いい兄貴でいい親代わり、頭が下がります。
そのうち、お空で逢えること楽しみにしときます。

先日の大雨に今は台風、大丈夫でしょうか。
大きな被害がない事を祈っています。
Commented by oisanM at 2018-07-29 18:04
kaottiさん、どうも。
ライカ偉いやつでしたね。
いる間は気づきませんでしたが・・・。
寂しくはなりましたが、ガクにしろクロも小梅も
いつも話題に上がってきますので、なんとなく
そばにいるような気もします。
最期の時には迎えに来てくれるとよいですね。

台風の方は信じられないコースで曲がってきてます。
博多に戻るまでずっと激しい雨で風も結構強くなってました。
弱まっているとはいえ甘く見ちゃいけませんね。

連休ネタ、ソフト、竜体山 >>