由布岳、霧氷

今日は会社を休んで登山を。
昨日、霧氷が見えた由布岳へ。
今日も良い具合に霧氷がついている。天気も最高。
山頂は帽子をかぶっていたが、登頂時にはほぼ解消。

東登山口~東峰~中央登山口というコースを行った。
東登山道はかなりハードな道程で、終盤はロープや鎖をつたって岩場を登る。
これは初心者が来てはいけないコースだったか・・・(怖かった・・・)
f0130601_20214627.jpg

f0130601_2022685.jpg

f0130601_156080.jpg

しかし、霧氷はバッチリ見れて最高の気分だ。
途中、鹿が出た。(猪かと思ってビビッたため写真は撮れず。)
下の写真は鶴見岳を見たもの。

下りは中央登山道側へ。
こちらは怖くはないが、すごく長い道のりでばてばて。
毎度の事だが、下りは疲れる・・・。
しかし素晴らしい充実感。
ちょっとずつ木が芽吹き始め、小鳥もうろうろしている。
(名前が分からんが・・・。コゲラはいた。馬鹿にしたように周囲でカツカツ・・・)
小鳥の写真は撮れんかったなあ。次チャレンジしよう。



f0130601_1925424.jpg

下りかけたとき電話が通じたので写真を撮ってもらった。
f0130601_19261967.jpg

f0130601_19263350.jpg

ほんとに登ってるよ・・・、俺・・・。やるなあ。
[PR]

by oisanM | 2007-03-12 15:26 | 登山 | Trackback | Comments(6)  

トラックバックURL : http://oisanm.exblog.jp/tb/4829033
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hiroko_wada at 2007-03-15 09:38
強風の中200mm手持ちで撮ったけれど・・・
ほんとに写ってるよ・・・ワシもなかなかやるワイ。
でも、次はもっと発見しやすいようにサンバの羽飾りでも付けて登っていただきたいものである。
Commented by oisanM at 2007-03-15 12:47
確かにお見事。
しかし良いねぇ。会社でながめられるって。
イライラがスーッと消えていく。

ちなみにいまだにふくらはぎが痛い・・・。
ゴルフまでに治ればよいが・・・。
Commented by kabu at 2007-03-15 21:38 x
最後の写真、大笑いっ~!
くははは~!次ぎはサンバ羽~!

その鎖を伝うコースうちのとーさんが若かりし頃わけわからずに連れて行かれたところだにゃ。その後とーさん遭難しそうになったらしいです。遭難しなくてよかったにゃぁ。

で、鹿、足が短かったの?それとも足が埋まるほど雪が深かったのか・・・。
Commented by oisanM at 2007-03-15 23:14
Dear kabuさま
ども。書き込みありがとうございます。
まさか撮れるとは思わなかったんですが、しっかり撮れてますね。
あんなところまで良く登ったもんだ・・・。
岩場のところは、風もあってホントに怖かったです。
お父上もさぞかし恐ろしい思いをされたことでしょう。
登山者の保険とかもあるのかな?

鹿は普通のメス鹿だったです。
かみさんから「猪出るよ~」ってinputされていたんで
「ガサッ」という音だけで、しんけんビビリました。

しかし今思い返すと、怖い東登山道の方が変化があって
面白かったような気がします。
(いかん。いずれ遭難しそうだなオレ・・・)
Commented by niwaka at 2007-03-20 18:24 x
始めまして。
写真ちょっと笑っちゃいました。
よく撮れましたね~
次は是非サンバの羽飾りを!!
子供の頃毎年元旦に初日の出を拝みに由布岳登山させられてたのですが、子供には寒いし眠いし疲れるしで何十年たった今でももう登る気にはなれない私ですが、霧氷は見たいなぁ・・・
Commented by oisanM at 2007-03-20 23:39
niwaka様
初めまして、書き込みありがとうございます。
結構お年寄りの集団とかが登られてましたよ。
中年も負けてられません。
最近ずっと寒いですし、
いい感じの霧氷が見れるかもしれませんよ。

サンバの羽飾りって人気ありますね。
「結婚できない男」で、ビアガーデンで桑野氏にからんでいた
アレですね。(見てなかったらごめんなさい)
一応渋い路線で行きたいので・・・。

<< 猫、里親いないものか・・・。 九重ドライブ >>